免許を合宿で取得しよう

免許を合宿で取得しよう

管理人 No Comments

合宿免許にはメリットがたくさんあります。
まずはコストです。通学型に比べて5万円から10万円安く教習所に通うことができます。もちろん、シーズンや宿泊施設の種類、観光などのオプションの追加によっては費用は変わってきますが、閑散期のリーズナブルなプランだと20万円を切るものもあります。
そして、講習期間も最短で2週間と通学型では取得が不可能な短時間での取得ができます。合宿中は合宿施設に宿泊して教習に参加するので運転免許のことに集中できる環境が整っているというメリットもあります。

通学型と違うのは、教習が夕方に終わってそのあとの時間を自由に使えることです。アルバイトや友人と会うといった予定も入らないので、しっかりと教習の復習をすることができます。その際、同じ施設に宿泊しているメンバーと一緒に勉強ができるので一人で勉強するよりも集中できますしはかどります。たまには息抜きを入れながら学びたいという人には、レジャーが楽しめる合宿プランもありますので自分のスタイルに合った合宿所を探してみると良いでしょう。

TOPIC<合宿免許.com|運転免許の教習所、自動車学校、ドライビングスクールをご紹介>

また合宿施設は郊外にあることが多いため、運転しやすい環境で技能教習が受けられます。道路も広いところが多いですし、車の数も少ないので運転中に慌てる場面も少ないです。自分の運転にも集中できますし、教習で習ったことを確認しながら運転ができるので知識をしっかりと身につけることもできます。そして、何よりも運転への不安や苦手意識を払拭できるので、落ち着いて運転ができるようになります。

免許取得時に準備すべきこと

管理人 No Comments

運転免許を取得するために、まずは教習所に入校することになります。入校する際には、事前の準備物がありますから、手続きをするまでに時間のあるときに用意をしておく必要があります。
書類としては、住民票、学生証や保険証、パスポートといった本人確認書類、印鑑は手続き時に提出が必要です。また、自動二輪や原付免許を取得している場合には、免許も提出が必要です。

そして、忘れてはいけないのがメガネです。日頃からメガネやコンタクトを身につけている人は、それで大丈夫だと思いがちですが、両目で0.7、片目で0.3が見えなければなりません。日頃からかけているメガネやコンタクトでは実はこれだけの視力が確保できていないということもあるのです。

また、日頃裸眼で過ごしている人の中にも、規定の視力に達していないということがあります。この視力が合格基準に達していないと教習も受講できないですし、試験も受けられませんし免許も交付してもらえません。そこで、教習所に通う前に必ず視力の確認と必要であればメガネやコンタクトレンズの準備が必要です。

他にも、意外と忘れがちなのが靴や服の準備です。技能教習を受ける際には靴はハイヒールやサンダルは禁止されています。また、服装も運転しやすい服装を用意しておく方が良いです。
また、教習が始まってからすぐに技能の予約が取れるよう、教習所に通う期間の自分のスケジュールの確認はしっかりしておき余裕があるときにはすぐに教習をいれられるようにしておく方がスムーズに教習が受けられます。

運転免許を取得するには。

管理人 No Comments

運転免許を取得するためには、2つの方法があります。
まずは、最も一般的な教習所に行く方法です。教習所に通う方法にも種類があり、公安員会指定の自動車教習所に通学して取得をする通学型と、郊外の教習所の近くに宿泊して教習所に通う合宿型と2種類があります。
もう一つの方法として、教習所を卒業せずに、直接運転免許センターに行き試験を受験するという方法があります。この2つの違いは、教習所を卒業しておくことで、運転免許センターの技能試験を免除してもらうことができるという点があります。

教習所を卒業してない場合には、初めて車に乗って現職の警察官が隣に乗車した状態で検定を受けるというプレッシャーがあります。かなり審査も厳しいために簡単に合格することはなく、何回か試験を受けることも覚悟する必要があります。
しっかりと運転の知識を身につけておきたいこと、卒業しても外での運転経験が少なく免許取得後の運転にも不安であるということ、何度も試験を受けに行く煩わしさを回避することを考えて、多くの人は教習所に通って免許を取得する方法を選びます。

そこで、ここでは教習所の仕組みや試験の内容、免許を取得するまでに準備をすべきものといった運転免許を取得するのに知っておくべき知識について紹介しておきます。
そして、免許を取得するときに一度は悩む合宿免許について、その内容やメリットについても紹介していきます。合宿免許は通学型にはないメリットが多くありますから、まとまった休暇が取得できる場合には是非検討したいものです。ここでのメリットを参考に悩んでいる人は是非検討してみましょう。

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ